看護師の待遇(労働時間)について

digg del.icio.us TOP
By baitokangoshi | Filed in 看護師 | コメントは受け付けていません。

看護師の待遇の中でもよく問題になるのが、労働時間です。

これは、どの看護師も、仕事を見つけるときにはかなり気にします。

一般的に、看護師の仕事は拘束時間が長いです。

 

また、決められた時間があったとしても、仕事が多いために、なかなか時間通りには終了しません。

予定の時間よりも、2,3時間も労働時間が増えるということも当たり前にあるのです。

ですから、看護師協会なども看護師の労働時間の待遇を少しでもよくするように働きかけています。

けれども現状ではなかなかそこまで、看護師の労働時間の待遇が改善されていません。

 

というのも、看護師の仕事は人間相手の仕事です。

事務職などのように、決められた時間に正確に終了することはありえません。

担当している患者さんの調子や容態によっては、かなりの時間オーバーしてしまうこともよくあることです。

 

hellowork

 

看護師は現在でも、大幅に人手が不足しているのです。

1人の看護師にかかる負担がかなり大きくなっているのが現状です。

そのために、どうしても労働時間が長くなっています。

また、看護師の労働時間や労働条件は、働いている病院や介護施設などによっても大きく違っています。

そのために、行政側も一律には取り締まれていないのが現状です。

 

看護師の労働時間が長かったら、それだけ1人1人の看護師にかかる負担も大きくなってしまいます。

ですから、ワークシェアリングをしたり、1人の看護師に大きな負担がかからないようにする工夫が必要になってきます。

 

最近は看護師の求人も専門の求人情報サイトを利用するケースが多くなり、

以前の様に看護師求人 ハローワークを利用する人は少なくなりました。

 

専門の求人サイトは、気になる医療機関の待遇なども、数字に表れてこない面まで教えてもらえるので、

そういった点でも利用するメリットがあると言えます。

 

もし給与だけでなく、実際に働いた際の病院の雰囲気や待遇などを知りたい場合は、

これらのサービスを上手に活用すると良いでしょう。

 

アルバイト契約で働く看護師の待遇

digg del.icio.us TOP
By baitokangoshi | Filed in 看護師 | コメントは受け付けていません。

若い内から看護師として働いて来ている女性も、結婚や妊娠、出産、育児の時期に差し掛かると、どうしても仕事を休んだり、離職したり、仕事のスタイルを変えなくてはいけない必要を迫られます。
家庭や育児はパートナーに協力して貰えば難はありません。しかし大変なのはシングルマザーで子供を育てている方など、家庭と仕事のどちらもこなさなければいけない状況にいる女性です。

看護師なら常勤が基本、夜勤は絶対…なんて事はありません。
今は看護師の環境や状況を考慮し、それぞれのライフスタイルに合わせて働くスタイルを選ぶ事が出来るのです。

常勤で働くには時間がきつい、という方は、非常勤で働くスタイルを選ぶことができますし、資格のある専門職ですので一般的なアルバイトよりも給料は良いものになるでしょう。
施設によっては日給のところもありますが、ほとんどが時給制です。
看護師のアルバイトの全国平均は約1500円とされています。
これは都心と地方で多少変動があり、地方だと安くなりがちです。
この金額を見る限り、普通のアルバイトより時給が高い事がわかりますね。

看護師がアルバイトで働くメリットはいくつかありますが、シフト制なので自分のペースで働くことが出来るところにあります。常勤も希望した日に休みを取れますが、基本的に希望した日の休みは月に1,2回程度しか取れません。
シフト制であれば、例えば子供の行事の時は休みをとるなど、プライベートの時間をしっかり取れるメリットがあります。

また常勤に比べて残業が少ないのも利点の一つです。残業をする事もありますが、常勤ほどではありません。

ただし、アルバイトの場合は、福利厚生を受ける事が出来ない点に注意しましょう。
産休や育休、昇給、ボーナス、有給休暇、退職金などがない場合がほとんどですので、アルバイトをする時はこれらを覚えておく必要があります。

アルバイトのいいところは、病院以外にも介護施設や健診センター、旅行に付き添うツアーナースなど様々な種類の仕事を受けられるところにあります。
仕事内容も様々ですので、自分に合ったアルバイトを見つけてみましょう。